たぬきの車と家の毎日

サーキット用の酔い止め薬

time 2015/12/31

サーキット用の酔い止め薬

以前ミニサーキットを使ったドライビングレッスンに行ったときには車酔いが酷くつらい思いをしたので今回はしっかり準備をします。

サーキットで車酔い?

私はあまり三半規管が強いほうではないので酔いやすい体質です。私も実際酔うまでは自分で車を運転して酔うなんて考えたこともありませんでした。

サーキットを走ってわかったのは普段はかからないような横Gや急加速、急減速が多くあり簡単に酔ってしまうということです。一度酔ってしまうと回復しないことも多いですし、せっかくの楽しい一日が台無しになってしまうのでしっかり対策したいところです。

漢方による車酔い対策

私が教えてもらったのは『苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)』という漢方薬でした。ただし漢方なので即効性はありません。私も酔った後で飲んだのでほとんど効かず最終的には立ち上がるのすら困難になるぐらい酔いが酷くなりました。なのであまり車酔いしない人が保険の意味で飲む程度であればいいと思いますが酔いやすい人はこれだと効力が薄くてダメです。

西洋医学による車酔い対策

即効性と効きでいえばやはり西洋医学の薬です。ネットで調べたところ『アネロン ニスキャップ』が最も効果が高いと評判でした。この製品は持続効果も長く乗り物に乗る30分前に服用すればその後1日効果が持続するというものです。当日は30分前だとぎりぎりすぎるので現地に着いたらすぐ飲むようにすればよいと思います。
アネロン ニスキャップ
ただしこの薬は副作用として眠気があります。服用後に車の運転は控えるようにとの記載がありますので一度服用して自分にどの程度眠気が出るかを確認してください。

幸いなことに私に眠気の副作用はありませんでしたが目や喉の渇きが酷く特に目の渇きでコンタクトをしていた眼が酷く傷ついてしまいました。

実際にサーキットで使いましたが、酔い止め効果については抜群です。
少し酔った後に飲んでも、次の走行時間までに問題無く効きました。普段酔いにくい人でもサーキットに行く際は念のため持っていくことをお勧めします。

どこだと安く買えるか

地元の大型のドラッグストアを何件かまわりましたがAmazon等のネット販売のほうが安かったです。私が買ったときはネットで買う9錠入りの値段とドラッグストアの6錠入りが同じ値段だったのでネットで注文しました。ネット購入は送料無料なうえに大型ドラッグストアよりも安いってどういうことなんでしょう。。

関連記事

sponsored link

down

コメントする




sponsored link



sponsored link