たぬきの車と家の毎日

ブレーキフルードの性能比較表

自動車用ブレーキフルードの性能を簡単に比較できる一覧表です。 サーキット走行時に重要なドライ沸点が高いブレーキフルードや、最新のClass6規格のブレーキフルードを並べて検討出来ます。
ブレーキパッドの性能比較表もあります。

DOT規格を選択  →右側にスクロール可能
メーカー 製品名 DRY沸点 WET沸点 1%WET沸点 DOT規格 ISO規格
WedsSport REV FLUID 332 212 284
BILLION BB4 296 180 250
BILLION BR5 320 210 283
BILLION Class6 270 185 236 DOT5.1 Class6
ZONE ZF-031 324 200 291
ENDLESS S-FOUR 295 187
ENDLESS RF-650 320 218
ENDLESS FP-6 270 187 Class6
DIXCEL BRAKE FLUID DOT 5.1 269 187 DOT5.1
DIXCEL BRAKE FLUID DOT4 LV 267 172 DOT4 Class6
DIXCEL ULTRA RACING 325 211
DIXCEL 328 Racing 328 204 DOT4
ATE ATE DOT 5.1 265 180 DOT5.1
ATE ATE DOT4 SL 260 165 DOT4
ATE ATE DOT-4 TYP200 280 198 DOT4
ATE ATE DOT 4 SL.6 265 175 DOT4 Class6
CCI ブレーキフルード DOT3 254 151 210※1 DOT3
CCI ブレーキフルード DOT4 260 174 DOT4
CCI ブレーキフルード DOT5.1 270 185 DOT5.1
IDI BF338 Brakefluid 338 242
MOTUL MOTUL DOT 5.1 272 185 DOT5.1
MOTUL MOTUL RBF 600 FACTORY LINE 312 205 DOT4
MOTUL MOTUL DOT 3&4 245 158 DOT4
RACING GEAR POWER BRAKE FLUID 4.2 265 162 DOT4
WAKOS SP-R 327 202
WAKOS SP-4 290 185 DOT4
WAKOS MBF-6 272 184 DOT5.1 Class6
WAKOS BF-4 268 174 DOT4
Castrol DOT4 BRAKE FLUID 269 162 DOT4
Castrol DOT3 BRAKE FLUID 250 140 DOT3
Castrol REACTパフォーマンスDOT4 260 180 DOT4
Project μ G-four 335 335 221
Project μ P.MU Racing BF-6 272 182
TM-SQUARE BRAKE FLUID for SWIFT 295 180
NUTEC RP-300 320 202 270 DOT4
SPEEDMASTER SUPER DOT4 267 167 DOT4
ACRE FORMULA-LIQUID DOT5 Over 338 238 DOT5.1
HKS Touring 277 182
HKS Sport 283 191
HKS Racing Pro 333 218
制動屋 SUPER-DOT4 SB-R280 280 190 DOT4
制動屋 RACING FLUID 330 200
MOLYGREEN BF-4 265 155 DOT4
A.S.H. A.S.H. BRAKE FLUID Type-S 325 200
A.S.H. A.S.H. BRAKE FLUID DOT4 280 172 DOT4
A.S.H. A.S.H. BRAKE FLUID DOT5 280 190 DOT5
TCL ADVANCE Premium DOT5.1 273 188 DOT5.1
TCL ADVANCE Competition for Racing 327 212
speed Heart スーパーDOT-4 284 176 DOT4
speed Heart DOT-Racing 335 221
各列の先頭をクリックすると、ソートされます。 キーボードの[Alt]キーを押しながら各列の先頭をクリックすると、複数項目を同時に基準にしてソートできます。

ブレーキフルードの性能比較表について

スペースの関係で一覧表のヘッダは略称で記載していますので、各項目について説明します。

ドライ沸点(DRY沸点)

フルードの水分混入率が0.1%以下の時の沸点です。
沸点が高いほどブレーキフルードが沸騰しにくくなるので、サーキットでハードなブレーキングをしても安定した制動力を得ることが出来ます。
ブレーキフルードが沸点を超えて沸騰すると、気泡が発生しブレーキが効かなくなり非常に危険です。(べーパーロック現象)

ウェット沸点(WET沸点)

フルード内の水分混入率が約3.5%の時の沸点です。
ブレーキフルードは水分が混入すると沸点が下がります。そのためブレーキフルードは車検毎の交換が推奨されています。
近年は車の性能が上がり、2年間使用したブレーキフルードに3.5%も水分が含まれることはまずありません。

補足

※1 CCI提供のグラフから推測

sponsored link

sponsored link



sponsored link