たぬきの車と家の毎日

初心者向けオールスタイルミーティングの注意点

time 2017/09/07

初心者向けオールスタイルミーティングの注意点

オールスタイルミーティングは初心者向けにはとても良い走行会ですが、それでもちょっと惑うところがあるので参加したことが無い人向けの注意点を書いておこうと思います。
スーパービギナーやエンジョイ、ビギナークラスの方向けの注意点です。

会場の到着時間

当日の到着時間はブリーフィングの1時間前がいいです。
まず会場に着いたら参加受付を行います。これも慣れていれば簡単に場所が分かりますが、初めての人には正直分かりにくい場所です。
なので少し余裕を持っていきましょう。

走行前準備は余裕を持って

参加受付をしたらすぐに準備を始めます。
最初は計測器の取り付けにも時間がかかりますし、4点式シートベルトの調整、荷物の積み下ろしなどをやっているとあっという間に時間が経ってしまいます。

タイムスケジュールを見ると分かりますがブリーフィングの後の走行までの時間が結構短いのです。
例えばビギナークラスですが、

9:40分 走行前ブリーフィング
9:55分 下見走行開始

なので実質15分しかありません。そこに移動で5分ぐらいかかるとするとほとんど時間がありません。

最低でもブリーフィング前に計測器の取り付けとゼッケンの貼り付けは終わらせてしまいましょう。
できればすぐに走行できるぐらいまで準備をしておくと余裕があっていいです。

特別講習は絶対参加

そしてこちらの走行会に参加すると特別講習会が付いています。
プロのレーシングドライバーによる座学講習ですが、とても役に立つ内容です。私の時にはコーナーをどのように曲がるかについての講習でした。

1回目の走行後に特別講習があったのですが、2回目の走行で習った内容を実践したらベストラップを6秒更新という素晴らしい成果が出ました。
なので受けない理由はありません。必ず参加しましょう。

走行時間の把握

実際にコースを走っていると台数が少ない分、視界に一台も居ないこともあり、走行時間はまだあるのに自分だけ間違って走っているような感覚に襲われることがあります。
なので走行終了の時間はちゃんと覚えておいたほうがいいです。

まとめ

時間が無くてあせると良い結果にはならないので余裕を持って行動すると良いです。
そして分からなかったら回りの人やスタッフの方に聞いてみれば、みんな親切に教えてくれますので勇気を出して話しかけてみましょう。

関連記事

sponsored link

down

コメントする




sponsored link



sponsored link