たぬきの車と家の毎日

OBDLINK LXのファームウェア更新で不具合が直った

time 2017/04/14

OBDLINK LXのファームウェア更新で不具合が直った

ランサーエボリューション10のOBDポートにつないで車両の情報を取得するOBDデバイスOBDLINK LXのファームウェアが更新されていましたので初めての更新作業を行いました。

更新内容

2016年4月21日なので約一年前に出ていたのですが全く気が付きませんでした。
FIRMWARE UPDATES FOR OBDLINK LX
更新についてはLevel of Importance: Recommended、ようはよかったら更新しませんかレベルです。
私のOBDLINK LXはたまにBluethoothの接続に失敗することがありますので最新版に更新してみます。

更新内容は以下のとおりですが結構色々変わっていますね。

v4.0.0 – 2016/04/21
——————-

– NEW: Complete ISO 15765 multi-frame message support
– NEW: STCSEGR (Turn CAN Rx multi-frame message assembly on/off)
– NEW: STCSEGT (Turn CAN Tx segmentation on/off)
– NEW: STPX (Transmit arbitrary OBD message)
– NEW: STBTDN (set Bluetooth device name)
– NEW: STPTRQ (Set minimum time between the last OBD response and the next request)

– CHG: Improved ISO driver baud rate support: removed all firmware limitations
– CHG: If a predefined 11-bit FC ID pair is not found, the flow control frame will always be sent to (RxID – 8) CAN ID
– CHG: ATRTR command now works for all CAN protocols
– CHG: STPTO command now accepts 0 parameter (infinite timeout, wait until a character is received over UART)
– CHG: Added ISO 9141 P2 timing enforcement to prevent message corruption when messages are sent in quick succession
– CHG: Relaxed automatic filtering to allow for creative addressing schemes used by some manufacturers
– CHG: ATFCSH command now overrides the 11-bit CAN FC ID pairs

– BUG: Automatic generation of 11-bit flow control ID pairs did not work for segmented message transmission
– BUG: UART transmission could lock up under certain rare circumstances, rendering the device unresponsive
– BUG: Under rare circumstances, ISO 9141 keep-alive message could get corrupted due to P2 timing violation, leading to loss of bus initialization
– BUG: STDIX would not display the new BT device name until 2 PORs from issuing STBTDND command

v3.4.1 – 2014/02/27
——————-

– CHG: Updated Bluetooth modem driver to work with the new modem firmware

– BUG: CAN module is not shut off during sleep mode, causing slightly inceased current consumption.

アップデートの前にデバイスのファームウェアバージョンを確認するのを忘れたのですが、おそらく3.4.0の一番初期バージョンだったと思われます。

アップデートの準備

まずはGoogle PlayからOBDLinkアプリをダウンロードしてインストールします。
大多数の人はOBDLINK LXのデバイスは使っていても実際のデータ表示にはDashCommandやTorqueを使っているのでインストールしていないんじゃないでしょうか。

OBDLink (OBD car diagnostics)

OBDLink (OBD car diagnostics)
開発元:OBD Solutions
無料
posted with アプリーチ

インストール後、アプリとデバイスをBluThoothで接続します。接続といってもいつものように車のエンジンをかけて、OBDLinkアプリとつなぐだけです。
SettingsからFirmware Updatesを選択した後は指示に従って進むだけです。ファームウェアのアップデート中は車のエンジンを切ることが出来ません。とはいっても更新作業自体は30秒ほどで終わります。
うまくいくとこのようにファームウェアのバージョンが4.0になります。
ファームウェアのバージョンが4.0

更新後の変化

今のところまだ変化は感じませんが、これでたまにbluethoothで接続できなくなる現象が解決するといいんですが、しばらく様子を見ます。
たまにBluethoothで接続できなくなる現象は発生しなくなりました。ファームウェアの更新で直ったようです。
コピー製品ではなく信頼できるサポートがある製品を買って正解でした。

関連記事

sponsored link

down

コメントする




sponsored link



sponsored link