たぬきの車と家の毎日

ルーフモールクリップの取り付け方法と修理

time 2017/09/18

ルーフモールクリップの取り付け方法と修理

ボルテックスジェネレーターを付けようとした際に壊してしまったルーフモールクリップを三菱のディーラーで買ってきました。

壊してからだいぶ経ってしまったのですが実用上あまり困ることが無かったので今まで放置していましたが、先日の富士スピードウェイでの走行会の後、エアインテークを止めているクリップが1つなくなってしまったので、ちょうどいいので合わせて注文することにしました。

モールクリップの取り付け

こちらが買ってきたモールクリップです。
製品番号は7403A194で、値段は1つ183円です。
モールクリップの品番
モールクリップ

いざ取り付けようとしたところ、どの向きで付ければいいか分からなかったので、整備マニュアルで確認しました。

コレ分かりにくいのですが、右側のルーフモールを後ろから見たところです。部品の斜め台形部分が窓ガラス側になるように置いてその上にルーフモールを被せます。
後は上から押してはめ込めば完成です。しっかりはまっていないと浮き気味になるのでよく確認してください。
ボディにルーフモールクリップの取り付け

向きを間違えなければ取り付け自体は簡単です。
しかし、この部品は納車から2年ぐらい経っていたら必ず壊れる部品です。なぜならモールクリップは常時紫外線にさらされているのでプラスチックが劣化しやすいのです。ちょっと外そうとしただけでぼろぼろになります。
ボルテックスジェネレーターを自分で取り付けようと考えている人は部品を発注しておいてから作業をするのがいいですね。

関連記事

sponsored link

down

コメントする




sponsored link



sponsored link