たぬきの車と家の毎日

RECARO純正のサイドプロテクターは擦れ防止になるのか

time 2019/02/11

RECARO純正のサイドプロテクターは擦れ防止になるのか

ヤフオクや中古で出回っているバケットシートはけっこうサイドの部分が擦れてダメになっているものが多いので、何とか対策を考えたいところです。最初に思いつくのがRECAROの純正サイドプロテクターだと思うので、実際に取り付けてみました。

レカロ純正サイドプロテクターは小さい

フルバケを買ったときに付いて来た物なので自分では購入していません。
購入時にシートの右側に付いていたので丸まってしまっているのと、片方のマジックテープが調整のため切れています。
recaro 純正 サイドプロテクター
再度プロテクターの裏側
本体はフェイクレザーで刺繍でRECAROのロゴが入っていますが、刺繍は意外と雑な感じです。

取り付けてある状態から気になっていたのですが、サイドプロテクターとしてはかなり小さいんですよね。

ベルトホールの部分を使って固定する関係で、ベルトホールよりも上側の部分はカバーされません。この写真だとシートの左側に付けていますが、ちょうど3点式シートベルトが擦れそうな位置に少し届いていません。

私の場合、左側であれば4点式ベルトの上を3点式シートベルトが通るので、サイドプロテクターが短くても問題にならないのでよかったですが、長さに余裕がありませんのでシートポジションによっては役に立たなくなりそうです。
RECARO純正のサイドプロテクターは長さが足りない

まとめ

RECARO純正のサイドプロテクターは降りるときの擦れ防止にかなりますが、左右どちらに付けても3点式シートベルトによる擦れは防ぐには少し長さが足りませんでした。なので3点式シートベルトによる擦れからも守りたい場合はもっと長くてカバー範囲が大きいものを選ぶほうがいいです。

結果的にこの製品は私の必要としている機能を満たしていなかったのですが、製品の長さなどは実際に購入してみないと分らないので判断が難しいですね。

ちなみに、NANIWAYAさんの汎用カバーはベルトホールより前でとめているのでベルトの擦れの対策には向きません。

関連記事

sponsored link

down

コメントする




sponsored link



sponsored link