たぬきの車と家の毎日

Qrio Lockのスマートロック生活は全然スマートじゃなかった

time 2021/01/17

Qrio Lockのスマートロック生活は全然スマートじゃなかった

最近の住宅だとリモコンで施錠できる機能が付いたドアも見かけるようになりましたが、古い建売住宅の我が家にはそのような機能は付いておらず以前からスマートロックに興味を持っていました。

Qrio Lockを選んだ理由

家の鍵なので信用できるメーカーが良いと思い、国内企業SONYの関連会社であるQrio株式会社が販売しているQrio Lockにしました。
他にも複数社からスマートキーは販売されていますが、家の鍵を預けることを考えたら厳しそうなベンチャーだったのでQrio一択でした。

憧れのスマートロック、取り付けは簡単

ザックリ言うと、ドアに両面テープでスマートロックの装置を取り付けるだけです。
こちらがQrio Lockを取り付ける前の玄関ドアです。
ごく普通の玄関ドア

ここに付属の両面テープを使ってQrio Lockを取り付けたのがこちら、意外と大きいです。ドアの枠についている黒い小さい部品はドアの開閉状態を知るための磁石です。
Qrio Lockを玄関ドアに取り付けた
横から見るとこのようになっていて、サムターンをQrio Lockが回すことで施錠・開錠を行います。
サムターンの中心からずれても大丈夫
Qrio Lockの貼り付け位置がサムターンの中心からずれていますが、この程度は問題なく動きますのでそんなに神経質にならずに取り付けられます。

取り付けには調整とアプリの設定も含めて30分もあれば終わります。
難しいところは付属の両面テープでQrio Lockをまっすぐサムターンの中心に合わせて貼り付けることだけです。

Qrio Lockレビュー

良いところ

・電池を二系統搭載できるので、電池切れの不安がない
メインで使う電池のほかに、予備電池を積むことができるので電池切れの心配がないです。

いまいちなところ

・Qrio Lock本体が大きい
多分写真で見るより実物は大きく感じると思います。

・ネットワーク機能が使えない
Qrio Lockとスマホはbluetoothで通信を行うため、Qrio HubというWi-Fi装置を購入しないとネットワーク越しに使うことはできません。
出来るものだと思っていたので完全に確認漏れでした。

・ハンズフリー解錠が不安定
スマホを持っていれば鍵が開くんですが、これがうまく動きません。スマホという汎用製品を使っているせいだと思うのですが開錠タイミングがまちまちです。

まとめ

正直言うと、思っていたよりも不便です。
ハンズフリー解錠とオートロック機能を組み合わせればスマホのみで鍵を持ち歩かなくてもいいんですが、この設定をするとスマホを持たずに外出すると締め出されるという、ホテルでカードキーを持たずに出かけるのと同じ状態がご家庭でも簡単に再現できます。ホテルならすぐにフロントで解決できますが、自宅だとどうにもなりません。

なので現実的な利用方法としてはオートロック機能は使わずに、出かけるときは鍵で施錠、帰宅時はハンズフリー解錠にして鍵を開けるときに鍵をカバンから取り出さなくていいという活用方法になります。これ、便利か?

関連記事

sponsored link

down

コメントする




sponsored link



sponsored link