たぬきの車と家の毎日

液漏れで後悔する前に、液漏れ保障の付いた乾電池はどれ?

time 2022/03/26

液漏れで後悔する前に、液漏れ保障の付いた乾電池はどれ?

リモコンやしばらく使わなくなった機器の中で電池が液漏れを起こして白く粉を吹いた酷い状態で見つかることがあります。
液漏れが起きると機器は壊れてしまうので、万が一液漏れした際でも保証があり、修理してもらえる電池がどれかを知りたくて調べてみました。

液漏れ保障があるのはマクセルと富士通の電池だけ

自分が知っている限りの電池メーカーを確認してみましたが公式に液漏れ保障をしているのは、マクセルと富士通だけでした。
なんとなく、ほとんどの電池に保障が付いているような気がしていたのに意外な結果です。

maxcell
こちらが液漏れ保証付きのMAXCELLの乾電池ボルテージです。正直、maxcellはあまり電池メーカーとしての知名度は無いので意外です。

富士通
そして富士通の乾電池プレミアムSタイプです。
富士通が電池?と思うかもしれないですが、富士通本体ではなくパナソニックのエネループの製造も手掛ける日本屈指の電池メーカーである子会社のFDKが製造しています。

電池の10年保証って何?

ブランドとしてエボルタやエネループを持つ知名度的には最大手のパナソニックの電池に液漏れ保障は付いていません。
10年保存可能なアイリスオーヤマの乾電池
CMなどで「パナソニックのアルカリ乾電池エボルタに液もれ防止新製法採用」のといったアピールや、「液漏れに強い」というキャッチフレーズで宣伝しているので、液漏れ保障がありそうに見えますが、実際はありません。

「10年保証」はよく文章を見ると「10年間保存可能」という意味です。

これは、10年後も電池の容量が約70%ほど残っているので利用可能ですよと言っているだけです。
昔の電池は自己放電が大きく、長期間保存していると電池容量が空になり使えなくなっていたので、これはこれですごいことですが、液漏れ保障とは何の関係もありません。

写真のアイリスオーヤマの電池も10年間保存可能です。もうコモディティ化した技術ですね。

まとめ

液漏れ保障が必要なら、安物の100均や知名度の高いパナソニックではなく、富士通かmaxcell製の乾電池を買いましょう。

関連記事

sponsored link

down

コメントする




sponsored link



sponsored link