たぬきの車と家の毎日

ハイテク素材で出来た超撥水の折りたたみ傘を買った

time 2016/12/14

ハイテク素材で出来た超撥水の折りたたみ傘を買った

壊れてしまった折りたたみ傘を新調するにあたって、どうせならハイテク素材で出来た水弾きの良い超撥水傘が欲しいのでいろいろ調べました。
意外とみんな欲しがりそうなものですがあまりこれと言ったものが無く、探すのに結構時間がかかりました。

超撥水ハイテク素材製の傘

よく売っている撥水加工の傘は水をはじくためにフライパンで有名なテフロン加工がされていたりします。ところが後付の加工のため意外と短期間で撥水効果がなくなってしまいます。
今回はなるべく劣化しないもので傘に使っている生地がハイテク素材で出来ているものを探しています。

小松精練株式会社の超高密度繊維

まず見つけたのがこちらの製品、その名もアンヌレラ、アンブレラとかけた感じがおしゃれです。

世界的ファブリックメーカー小松精練株式会社と共同開発した
超高密度繊維は、撥水度試験5等級を達成。
さらっとした軽い生地でありながらその高密度繊維は、UV遮蔽率99%を記録しました。

こちらの製品アンヌレラ ビズは2015年から販売されている最近出来たばかりの新素材です。超高密度繊維などハイテク感満載です。早速買おうと思いましたが….
なぜかこの男性用の折り畳み傘の在庫がどこにもありません。公式サイトには折り畳み傘の説明がありますが、公式の販売サイトにも製品がなく全くなかったものとして扱われているようです。
謎ですが、買えないのでしょうがありません。

東レ Kudos XR

次に見つけたのが世界的繊維メーカー東レのKudos XRを使用した折りたたみ傘です。

ニ度と生産されない最高素材、東レの超撥水「Kudos XR」で作った、開閉が簡単な折り畳み傘

製品紹介にある二度と生産されないの部分が所有欲をくすぐります。が、これもまたほとんど在庫がありません。
唯一見つけたのがこちらの製品ですが、東レKudosとは書いてありますがKudos XRとは書いてないので別製品かもしれません。
それに女性用と書いてあるので今回はパスしました。何で生産しなくなったのかが気になるKudos XR…

帝人 ウォーターバリア

ウォーターフロントと言う会社が発売しているプレミアム富山サンダーという変わった名前の傘です。

ウォーターバリアはこちらも世界的な繊維メーカー帝人の新素材になります。特徴は以下のとおり

・高い撥水性
「ウォーターバリア」には蓮の葉のような微細な突起があり、その間にある空気の層が表面張力を生み、水滴を浮かび上がらせます。そのため傘に付着した水滴は丸い形状となり、コロコロと生地の上を転がります。
・ UVカット率 95%以上(日本洋傘振興協議会遮熱指数試験方法)
後加工により機能剤を施したものではないため、一般的なUVコーティングのように剥離することがありません。そのため、長期間使用しても遮蔽効果が落ちることはありません。
・遮熱効果が持続
半永久的に遮熱効果(遮熱指数37.0%:日本洋傘振興協議会遮熱指数試験方法)があり、夏の暑さから守ってくれます。
・優れた防水性
洋傘の品質基準は、耐水度250mm以上が合格とされていますが、新商品はその2倍である500mm以上の耐水度を持ち、より高い防水性を備えています(JIS L 1092 A法)。

この傘のサイズは70cmと大型でいいなと思ったんですが、残念ながら凄く重いのです。500g近くて毎日かばんに入れて持ち歩くにはちょっと厳しい重さです。
と言うことでこれもパス。

帝人 レクタス

傘屋伝七が販売しているRECTAS自動開閉傘です。

こちらも帝人のハイテク素材レクタスを使用しています。

「レクタス」の蓮の葉構造は、水をはじき出す空気層がポイントで、透湿性にも優れ、従来の織物では表面加工により撥水性を保っていた為に、時間がたつと水が幕となって表面におおい、また繊維そのものが水を含んで膨張しスキ間をふさぐため、ムレたり湿ったりしました。ところが「レクタス」は小さな突起と空気層で水滴を押し上げるため、織物と外気との間に多くのスキ間ができ、同時に繊維が水を含まないため、いつもサラリと快適なのです。「レクタス」は、超極細繊維を使用した織物です。

いかにも傘専門店っぽい名前と日本製に惹かれて買う寸前まで行きましたが、どうにもレビュー内容が悪い….
8000円もする高級な傘なのにこれではと、こちらも買うのをやめました。

帝人 レイントリップ

いい加減心が折れそうになったところにイトーヨーカドーのPB製品の中にも超撥水傘がありました。
特徴が前述した帝人のウォーターバリアに似ているため、おそらく同じ素材だと思ったのですが

蓮の葉構造生地「レイントリップ」を組み合わせた
「超撥水傘」が誕生しました!!

とイトーヨーカドーのページに書いてあったのでウォーターバリアとは別の素材のようです。

折りたたむときに、手を離してしまっても急には開かない安全構造の自動開閉折傘です。
雨粒がコロコロ転がる超撥水の傘「NURESHIRAZU」が誕生!
超撥水で雨粒が残りにくいから、巻くときに濡れにくく、すぐバッグにもしまえます。
アイロンやドライヤーで熱を加える簡単お手入れで、撥水力がより持続します。
帝人フロンティア株式会社の素材を使用しています。

とりあえず値段も手ごろで、もし品質面で何かあった場合にも大手メーカーなのでしっかり対応してくれるであろうという理由で今回はNURESHIRAZUを購入することにしました。

イトーヨーカドーのNURESHIRAZUのレビュー

こんな灯台下暗し的な場所でハイテク素材傘を見つけるとは思いませんでした。早速近所のイトーヨーカドーに行って買ってきます。

超撥水のタグが付いています。
超撥水のタグ

傘の全体像です。ちょっと太めですがそんなに大きくもなく、意外と軽いです。
超撥水の傘全体

傘を取り出して裏地の部分、独特のてかてかした光沢がある生地になっています。こちらは傘の内側で雨が当たらないほうです。
超撥水生地の傘

傘の外側は中側と違って普通のナイロンのような感じです。
傘の外側の生地、ここが撥水します

傘の骨と中心部分、傘を開く際に持つ部分が小さめなので開閉には少しコツがいります。
傘を開くときに持つ部分

そして傘ケースです。ただの筒状の入れ物ではなくまちが付いた手の込んだつくりをしています。
傘のケース

早速雨が降ったので使ってみると、こんな感じで傘の上に水の粒が付く感じになります。
めちゃめちゃ水をはじきます
普通の傘をさしているのと違うのが、雨の中歩いているとどんどん傘から水玉が滑り落ちてきます。なんともいえない不思議な感じです。
そして、仕舞うときも傘をバサバサッっと振ればほとんど水玉がなくなってしまいました。
値段は3650円で高すぎず安すぎずのうまい値段設定だと思います。

あとはどれくらい撥水効果が持続するかですが、こればっかりは時間をかけないとわかりません。出来れば5年ぐらいは使いたいです。


セブンプレミアム <NURESHIRAZU> 紳士超撥水折傘(60cm)

関連記事

sponsored link

down

コメントする




sponsored link



sponsored link