たぬきの車と家の毎日

ラムダッシュのバッテリー交換は簡単にできる

time 2018/04/01

ラムダッシュのバッテリー交換は簡単にできる

長年愛用しているPanasonicのラムダッシュの充電地が弱ってきたので新しい充電地に交換をします。
このラムダッシュは初めて使ったときに切れ味の鋭さに感動して、以来ずっと買い換えることなく使っています。

ES-LA52のバッテリーを探す

ありがたい事にpnasonicは2009年製のES-LA52用の交換リチウムイオンバッテリーをまだ補修部品として扱っています。

amazonなどで型番とバッテリーで検索するとヒットすると思いますので探してみてください。ちなみにこの電池は結構な種類の製品で使うことができます。
こちらがその一覧です。
ES-GA21、ES-LA10、ES-LA30、ES-LA50、ES-LA70、ES-LA90、ES8238、ES8237、ES8232、ES8046、ES8045、ES-LA92、ES-LA72、ES-LA82、ES-LA52、ES-LA12、ES8992 、ES8175、ES8195、ES8196、ES8171、ES8119、ES8115、ES8111、ES8088、ES8085、ES8086


届いたリチウムイオンバッテリーです。思ったよりも軽くて小さいです。ちゃんと本物のPanasonic製品が届きました。
ESLA50L2507N

ES-LA52の分解方法

ラムダッシュの分解自体は非常に簡単でドライバー一本で充電地の交換が出来ますので、このような作業が苦手な人でも大丈夫です。

1.カバーをとめているネジを外して小さいカバーを外す
こちらの写真にあるように赤い部分にネジがありますのでここを外したら、青い矢印の方向に引っ張ると外れます。
外し方1

2.大きいカバーを外す
この写真のように上に持ち上げると簡単に外れます。この部品は軟らかい素材でできているので、多少無理にひっぱっても割れたりしませんので安心してください。
外し方2

3.電池カバーを外す
大きいカバーを外すと電池カバーが現れます。9年物なので汚いです。。。
ここを止めている6本のネジを外します。この電池カバーが防水区画になっています。よくできていますね。
外し方3

4.電池を交換する
いよいよ電池の交換です。ここでは慌てず、まずはラムダッシュに付いている充電池の向きがわかるように写真を撮りましょう。極性があるので間違って入れると大変な事になります。
分解する前に写真を撮るのは他でも使える便利な技です。
電池ははまっているだけなので引っ張れば外れるはずです。ですが私のは固くて外れなかったので、ペンチでやさしくつかんで外しました。
そして新しい電池をはめ込みます。
外し方4

4.元に戻す
電池カバーのところは防水のために、しっかりとネジを締めてください。
あとは難しい事はありませんので元に戻しましょう。

リチウムイオンバッテリー交換後のレビュー

バッテリー駆動時のパワーが買った当時に戻りました。ひげを剃る時間も大幅に短縮できて何で今まで我慢していたのかと思うほどです。今までいかにバッテリーが弱っていたかよくわかりました。

結果、1000円かからずに元のパワーを取り戻せましたので、とても満足です。バッテリーが弱って来たと感じている方は一度検討してみてください。

関連記事

sponsored link

コメント

  • 無事に交換できました!有益な情報ありがとうございます。

    by ソゼ €2020年2月1日 8:39 AM

down

コメントする




sponsored link



sponsored link