たぬきの車と家の毎日

Xperiaの割れた背面ガラスの修理は簡単にできる

time 2018/02/18

Xperiaの割れた背面ガラスの修理は簡単にできる

ジーンズの後ろポケットにXperia Z3 Compactを入れたまま座ったところ、パシッという軽い音がしたので、スマホをポケットから取り出してみたところ、裏のガラス部分が蜘蛛の巣状にひびが入ってしまいました。

Z3 Compactはサイズがちょうど良く、まだまだ使うつもりなので、部品を取り寄せて修理する事にします。Z3 Compact以外のXperiaシリーズの修理部品も売っているので同じように補修できます。

修理部品はAmazonで買える

こちらが割れてしまったXperiaの背面ガラスです。ガラスなので飛び散ると厄介です。私は割れた細かいガラスの破片で手を切りました。
割れた背面ガラス

他のサイトだと背面ガラスを外す際に下のような液晶を外すキットがあったほうがいい、みたいなのも見ましたが、買う必要はありません。
どうせもう液晶部分は割れているので、気にせずに端のほうから先の細いマイナスドライバーでガラスを破壊しつつ取り外せば良いだけです。

バックパネルを外した後ですが、私は普通に持ち歩いて使用していました。
外れそうなパーツがあるわけでもないので部品を取り寄せている間も問題なく使用できました。

Amazonで探してみると、背面のガラスのみ売っていますので、こちらを購入します。レビューを見るとなんだか散々な内容ですが、不良品であればクレームをつけて返品すればいいだけなので気にせずに購入しました。

残念ながらグリーンのバックパネルは無かったので、ブラックを注文しました。どうせ液晶側がブラックだから違和感無いだろうという感じです。

送られてきた製品の写真を撮るのを忘れてしまったのですが、内容物は、交換用のバックパネルと、なぜかおまけとして、液晶側に貼る液晶保護シートと液晶クリーナーが付いていました。

バックパネルにはSONYのロゴとXPERAのロゴ、NFCのロゴが付いています。
材質は、ガラスっぽいような薄い鉄板のような…触っただけではよくわからないもので出来ていますが、見た目や雰囲気、さわり心地は今までのものと変わらないように思います。

レビューにある接着剤ですが、この製品には付いていました。ただし、元々付いていたようなブチルゴム製の厚みがあるものではなく、薄く接着剤が塗られているだけのものなので、いくら圧着してもすぐにはがれてきます。
バックパネルの製作精度はすばらしく、一ミリの狂いも無くぴったりとはまります。

仕方が無いので液晶を接着するためのテープを購入しました。こちらですが50M分もあるので一生使い切りません。。

両面テープを本体側のの端の部分にぐるっと貼り付けていきます。今回は防水機能の維持はあきらめているので、隙間が空いても気にせずに貼ります。

そして、爪楊枝の先などを使って両面テープを剥がしたら、慎重に背面ガラスを乗せて圧着すれば完成です。このテープを使えば裏蓋が浮いてきたりもしないので修理完了です。

まとめ

今回、バックパネルを自分で修理してみましたが、材料が揃ってしまえば非常に簡単なものでした。

私は最初、他のサイトの情報を見てバックパネルだけ注文しましたが、これだけでは直すことは出来ませんでした。
結局、両面テープも買うなど2度手間になってしまいましたので、これを見て修理する方は最初から両方買っておくことをお勧めします。

追記

落としたら簡単に割れました。どうも純正よりも強度が劣るようです。
そして新しく購入したら初めから割れていました。。
届いた商品がすでに割れていた

さらに直した一週間後に、また落として割れてしまいました。私の心も折れそうです。。背面ガラスはデリケートすぎるので次はガラスになっていないXperiaシリーズを買おう。

関連記事

sponsored link

down

コメントする




sponsored link



sponsored link