たぬきの車と家の毎日

FREEDのエアクリーナーをDIYで交換

time 2018/09/10

FREEDのエアクリーナーをDIYで交換

車検毎に変えているFREEDのエアクリーナーですが、今回もディーラーに頼むと部品代も工賃も高いので自分で交換です。
車って細かいメンテナンスの費用が積み重なって結構な額になりますので自分で出来る事はやります。

エアクリーナーを外す

FREEDのエアクリーナーは4箇所の止め具で止まっているだけなので外すのは簡単です。
あまりにも簡単すぎるのでディーラーに頼むのが馬鹿らしくなるレベルです。

写真の赤丸の部分を外すだけです。手前の銀色の金具は手前に引けば外れます。左右の黒いフックは見たまんまですが、フックを外すだけです。
多少左側のフックが配線にかかるので注意するぐらいです。
エアクリーナーボックス
全てのフックを外したら、エアクリBOXを手前に引きながら外しますが、これも簡単に外れるので心配いりません。

エアクリーナーの汚れ具合

2年間で14000km、そのほとんど90%以上が街中を走行したエアクリーナーの汚れがこちら、
エアクリーナーの汚れ
一応メーカー指定は50000kmで交換なのですが、なんだかすごく汚い気がします。この汚れ具合であと3倍の距離を走れる気がしないのですが、気にしすぎかな?

当然エンジン側のフィルターは綺麗なままです。
エンジン側は綺麗

今回はHAMPのエアクリーナーに交換

前回はMONOTAROの安いフィルターを使いましたが今回は、安心安全の第二純正HAMPのエアクリーナー、Made in Japanに交換です。
以前スポーツカーに乗っていたときはHKSなどの吸気抵抗が少ないタイプのスポーツフィルターを使っていましたが、よくよく考えるとあんなスカスカなフィルターだと埃や細かい砂なんかは通過していそうなのでエンジンに悪そうです。
MADE IN JAPANのHAMPフィルター

エアクリーナーを変えた後に高速を100kmほど走りましたが違いはわかりません。そんなもんです。

吸気抵抗が少ないのがいい人はこちら、値段は高いですが吸気音が変わったりして結構楽しいです。性能の変化を感じるのは難しいかと思います。

関連記事

sponsored link

down

コメントする




sponsored link



sponsored link