たぬきの車と家の毎日

JAFに無料でFREEDのバッテリーを交換してもらった3回目

time 2020/05/03

JAFに無料でFREEDのバッテリーを交換してもらった3回目

1ヶ月前に突然バッテリーがあがったFREEDですが、今日また突然バッテリーがあがりました。FREEDを最後に動かしたのは自分なので、自信をもってライトの点けっぱなしなどではないと言い切れますが、連続で起きるとさすがに困りました。

バッテリーの状態

前回同様にLifewinkの右下の充電不足LEDが赤く点滅しています。

ブースターケーブルでつないでエンジンをかけて30分ほど走りましたがLifeWinkのインジケーターは2メモリしか回復しません。前回はLifeWinkのインジケーターが最大まで回復したのでそのまま使っていましたが、2度目なのでこのバッテリーは諦めて交換します。

2017年1月21日に交換しているので、3年と3か月でダメになってしまいました。

再度N-40B19L/SBを購入

またも同じPanasonicのSBシリーズをリピート購入です。

今回は謎の突然死でダメになってしまったので、別のメーカーも考えましたが、探した中で一番安かったのため結局同じバッテリーを購入しました。

そしていつものLifeWinkですが、以前に安く購入しておいたOEM品の出光のライブモニター2を代わりに取り付けます。
出光ライブモニター2


よく見るとライブモニター2の方は「充電不足」ではなく「異常放電」の表記ですね。

JAFは無料でバッテリーの交換をしてくれる

さてバッテリーの交換ですが、前回挫折したようにFREEDのバッテリーは私の持っている工具では交換することができません。

JAFってバッテリーあがりの時は無料で対応してくれるよな。と思い調べてみたところ、なんとバッテリー持ち込み交換も対応可能で交換工賃は無料です

依頼から30分ほどで到着して、30分ほどかけて交換作業をしてくれました。プロなので当然私が外せないボルトに対応する工具を持っています。

さすがにライブモニター2を付けてもらうのは気が引けたので、後で自分で取り付けます。
自分でライブモニター2を取り付け
FREEDはバッテリーターミナルのプラス側にカバーがついているので、ライブモニター2の金具をまげてボルトと共締めしています。

バッテリーの廃棄はどうする?

以前イエローハットで廃バッテリーの無料引き取りをしていると聞いていたので、最寄りの店舗に電話で確認してみました。

この店舗ではピットまでもっていけば無料で引き取り出来るといわれたので、廃バッテリーをピットに持ち込み無事に処理ができました。

バッテリー交換にかかった費用は?

バッテリー本体の値段、2980円
交換工賃 無料
廃バッテリーの処分 無料
ライブモニター2 自宅在庫のため無料

となり、3000円以下で交換できました。JAFがバッテリー交換の対応をしてくれたのがありがたいです。
これが最後のバッテリー交換になるのかな。。

関連記事

sponsored link

down

コメントする




sponsored link



sponsored link