たぬきの車と家の毎日

外出時にも安心の大容量モバイルバッテリーを購入

time 2016/11/06

外出時にも安心の大容量モバイルバッテリーを購入

スマホやビデオカメラなどを利用しているときに予備電池がないので省電力機能を駆使したりとぎりぎりな使い方をする機会が増えてきました。
そういう時は電池の残量ばかりが気になってしまって精神衛生上よくないのでそんなことを考えなくてすむようなモバイルバッテリーを購入することにしました。

購入に当たって重視したこと

・大容量、出来れば10000mAh以上
・安い
・信頼できる(高評価であること)

最近のスマホのバッテリは大型化してきていて半端な容量のモバイルバッテリーでは満充電までいけません。なので大容量であることは必須です。
また最近はバッテリーが原因でスマホが爆発する事故が多く見られるのである程度信頼できる製品を探しました。信頼という意味では当然日本メーカーがダントツですが安くありません。
なのでここは評判がいい製品を選ぶことでリスクを減らすことにしました。

JETSUN 15000mAh 超大容量モバイルバッテリー ソーラーパネルチャージャーを購入

Amazonで評判が良く、15000mAhあるのに値段が安いこちらの製品を購入しました。

仕様

この製品の機能仕様としては以下になります。
・リチウムポリマーバッテリー 15000mAh
・ソーラーパネル2W
・入力 5V 2.0A
・出力 1.0A 2.0A
・サイズ 160mm x 78mm x 17mm
・重さ 289g

特徴

・ソーラーパネル搭載で、アウトドアで充電可能
ちょうど電池と同じぐらいの大きさのソーラーパネルが搭載されています。ただ出力は2Wぐらいなので一日外においても満充電は出来ないようです。あくまで補助的なものですがないよりも良いといったところでしょうか。

・背面に6個のLED搭載でライトとしても利用可能
無骨にLEDのライトがついています。災害時やアウトドアなどでは使えそうです。電源スイッチでLEDを点滅させることも可能です。たぶん使いませんが。。

・防水、防塵、耐衝撃性あり
と商品ページには記載されていますが説明書には具体的な規格などの記載はありません。なのでどの程度まで平気なのかは不明です。

・1年間の保障付き
怪しい外国製品だと保証が極端に短かったりしますが、この製品は1年間の保証付です。そういった意味でも安心できます。

実際の製品

こちらがパッケージです。海外製品によくあるダンボールで出来た箱に入っています。
モバイルバッテリー外箱

モバイルバッテリーの本体です。この値段でこのクォリティですからすごいです。とても良く出来ています。
モバイルバッテリー ソーラーパネル側

背面側のLEDライト部分、LEDも綺麗に並んでいますので作成工程で手抜きをしている感じがしません。
モバイルバッテリー LEDライト側
LEDライトをONにするとこんな感じです。LEDなので明るく感じますが野外で使う懐中電灯の代わりにはなりません。室内であればこのぐらいの明るさがあれば十分です。
LEDライトの点灯

端子部分は片側に集まっています。電池残量のインジケーターやIN/OUT用のUSB端子が見えます。これ本当に防水なのでしょうか。。
OUT2のほうが2Aの出力です。わかりやすいですね。OUT1は1Aです。
端子部分

使い方

この製品で一番わかりにくいのがボタンがひとつしかないところです。せめてLEDライトとボタンは分けて欲しかったです。

・LEDライトの使い方
パワーボタンをカチカチッと2回押すとLEDライトが点灯します。
1回パワーボタンを押すと少し暗くなります。
1回パワーボタンを押すとライトがフラッシュします。
1回パワーボタンを押すとライトが明るくなります。
といった感じにサイクリックにモードが変わります。
LEDライトの消灯にはパワーボタンをカチカチッと2回押します。

・他の機器への給電の仕方
他のデバイスを繋ぎます。そしてパワーボタンを押します。こちらは簡単です。

実際の使用感

利用する際の充電ですが、時間が長いです。正確には計っていませんが2時間充電したぐらいではほとんど充電されません。なので寝ている間に充電しておきました。

まずは試しにスマホに給電してみました。2AのUSBから給電ケーブルを電池の残りが60%になったXperia Z3Cにつないで充電しましたがみるみる充電されていきます。
次にビデオカメラにもつないで見ましたが、こちらの充電時間も早く30分程度で1/3目盛り分充電されました。これならば十分使えそうです。2つの機器に充電しましたが残量はまだ50%以上残っていましたので容量的にも安心して使えます。

ついでに日中ずっと太陽の下に出してソーラーパネルでの充電を試みてみました。
しかし、本体側の残量表示で変化が確認できるほど充電は行われませんでした。やはり2Wだと発電量は少ないかもしれません。

そして、箱を捨てようとバラしていたところ、ダンボールの中からカラビナとUSBケーブルが出てきました。あぶないあぶない。
カラビナとUSBケーブル

今回買ったもの

このクォリティでこの値段は安すぎる。

関連記事

sponsored link

down

コメントする




sponsored link



sponsored link