たぬきの車と家の毎日

腰痛対策でレカロシートに2個目のランバーサポートを追加

time 2019/09/05

腰痛対策でレカロシートに2個目のランバーサポートを追加

ランエボのレカロRS-Gにはエアー式のランバーサポートを使っています。
残念ながら私の座高だとフルバケの背中のカーブが完全にフィットしないため、長距離を走ると腰の下のほうが痛くなってきます。

毎回乗るたびにエアーポンプで8回ぐらい空気を入れて腰の部分のクッションを調整しているので、それなしでも乗れるように新しくランバーサポートを追加てみました。

ヤフオクで純正のランバーサポートクッションを購入

ヤフオクを見ていたらレカロシート用純正のランバーサポートのクッションが送料無料の580円で売っていたので、思わず買ってしまいました。

ちょうど前日に、メルカリで同じ製品が1000円で二個出品されていたのですが即落札されてしまい買えずに悔しい思いをしていたのですが、結果メルカリよりも安く手に入れることが出来ました。

ランバーサポートクッション大きさは写真だとよくわかりませんが、縦が20cm横が11cm、厚さが1.5cmです。ウレタンのチップで出来ているので見た目は汚らしいですが新品です。
レカロシート用純正ランバーサポートクッション

このクッションはレカロシートを新品で買うと付いてくるらしいのですが、私のRS-Gはメルカリ製の中古品なので付いていませんでした。
レカロシート用純正ランバーサポートクッションの厚さ

レカロRS-Gの腰の部分に追加

早速背中のカバーをめくって、ちょうどお尻と腰の辺りに入れてみました。

厚さはないのですが、入れると背中のカバーの部分が少し空き気味になっています。
ランバーサポート追加後

少し離れて見るとこのように、背もたれの部分が膨らんでいるのがわかるかと思います。
ランバーサポート追加後のRS-G

エアー式のランバーサポートの使用感ははこちらで書いてます。

ランバーサポートクッションの効果は

さっそく、ドライブに出かけてみます。
今までよりも腰の部分のサポートに厚みが出て調子がいい感じでしたが、100Kmほど走ると腰の辺りに疲れが出てしまいました。

うーん、残念ながらこのクッションだけでは厚みが足りないようです。試しにアー式のランバーサポートを使うととても腰が楽になります。
残念ですが、また別の方法を考えます。

関連記事

sponsored link

down

コメントする




sponsored link



sponsored link