たぬきの車と家の毎日

イヤーピースをコンプライからスパイラルドットに変えた理由

time 2020/04/18

イヤーピースをコンプライからスパイラルドットに変えた理由

パイオニアのカナル型イヤホンSE-CH5BLのイヤーピースをコンプライT-600からJVCのスパイラルドットに交換しました。

コンプライをやめた理由

コンプライのイヤーピースは評判通り悪くはないんですが、イヤホンの装着時にウレタンを指でつぶして形が戻る前に耳に押し込むという動作が嫌でした。
私の場合、急いで耳にはめなければという強迫観念があり気軽に使う気が起きません。


もうひとつ使う上で欠点がありました。
それは、、耳垢がつくことです。どんなに耳をきれいにしていても装着後のイヤーチップに多少ついてしまうのです。

耳垢が付いたイヤホンを見るとテンションが下がります。見た目が悪いので公共の場で使う気になれませんでした。

スパイラルドットを購入

ドライバが大きくて使えるイヤーチップに少ないSE-CH5BLですが、スパイラルドットが使用できると何処かのブログで見かけたので購入してみました。

購入したスパイラルドットのサイズはMLです。
スパイラルドット
シリコン製なのでそうそう劣化しないと思うのですが、なぜか6個セットなので余裕で余ります。


どのサイズが耳に合うかわからないのでメーカーさんはMS、M、MLが各2個ずつのような構成にして販売してくれると嬉しいですね。

スパイラルドットの効果は?

コンプライをはめた状態だと、この写真の様にドライバの部分にイヤーピースが被ってしまっています。
コンプライは音の出口をふさぐ

スパイラルドットに付け替えてみました。コンプライとは違い、ドライバがはっきりと見えます。
ドライバーにイヤーピースがかからない
これだけで音がよくなりそうな気がします。

耳への装着はシリコンなので押し込むだけの簡単装着です。
この気軽さがいいですね。ウレタンとは違い耐久性があるので雑に扱っても大丈夫です。

さて、音のほうですが、スパイラルドットはその名の通り、イヤーピースの中側の側面にドットの凹凸が付いていて音を反射し良い効果を生むらしいのですが、実際に聞いてみると、、、、

コンプライは低音が強調されていたのですが、それがなくなりスッキリとした低音になりました。中高音域はあまり変わらずです。気持ち高音が抜けるようになった感じがします。
うーん、期待したよりも普通だな。

私にはシリコン製のイヤーピースが扱いが楽なので合っています。SE-CH5BLに合うイヤーピースが無くて困っていたらスパイラルドットも試してみてください。

関連記事

sponsored link

down

コメントする




sponsored link



sponsored link