たぬきの車と家の毎日

エントリークラスでおすすめのセパレートカスタムフィットスピーカー

time 2017/11/23

エントリークラスでおすすめのセパレートカスタムフィットスピーカー

カーオーディオメーカー各社のセパレートカスタムフィットスピーカーをカー用品量販店のデモボードで聞く事ができたので、スペック等と合わせてまとめてみました。
だいぶ好みが入っているので、そこは大目に見てください。

セパレートカスタムフィットスピーカー

昔はドアの下についているスピーカーか、リアのラゲッジトレイに置くボックス型のスピーカーが多かったですが、いまは普通にメーカー純正でセパレートタイプのスピーカーが採用されている車が増えた気がします。
ツイーターが高い位置にあると音が聞こえやすいので、今後も純正でセパレート型が増えていくのかもしれません。

パイオニア TS-F1730S

パイオニアのセパレートスピーカーの中では一番お手ごろなセパレートスピーカーです。
値段が安いので、差別化のために再生周波数特性も30Hz~26kHzと一昔前のスペックに押さえられていて、ハイレゾ音源には対応していないスピーカーになります。

しかし、セパレートの中では一番安いにもかかわらず、高級コアキシャルスピーカーのTS-C1730よりも立派なネットワークが付属しています。
立派なネットワーク
音に関しては好みがあるので、かなり主観が入りますが、高音がシャリシャリしていて、私はあまり好きな感じではありません。

KENWOOD KFC-RS173S

KENWOODの中では一番安いセパレートスピーカーです。
再生周波数特性は25Hz~30kHzで、パイオニアのTS-F1730よりも広いです。

こちらも同様にハイレゾ音源には未対応です。
音についてですが、KENWOODっぽい音といいますか、上から下までフラットな感じで疲れない音がします。私は好きな傾向の音です。
KENWOODは付属しているスピーカーブラケットが優秀で、かなりの車種の取り付けをカバーしています。

Alpine STE-G170S

アルパインはスピーカーのラインナップが整理されてDDLinearシリーズが無くなり、このSTE系とXシリーズの2本立てになってしまいました。

再生周波数特性は30Hz~48kHzで、他の2社よりも上に広いです。特に高音域の再生周波数的にはハイレゾ対応でもおかしくないのですが、認証マークが無いのでハイレゾ対応の製品ではありません。

音については私の一番好きな音で、高音から低音まで聞きやすい音がします。
KENWOODよりも中間域が強調されているような気がしますが、私はこちらのほうが好みの音です。

取り付けの難易度

ウーハー部分の取り付けはKENWOODが一番対応車種が多く、取り付け用のバッフルを買わなくても付けられる事が多いです。
Alpineとパイオニアはバッフル無しで付けばいいですが、意外と対応車種は少ないです。

ツイーターの取り付けに関してはKENWOODとAlpineはあまり考慮されていないので、純正の位置に収めようとすると大変ですが、ダッシュボード上に置くなら特に問題は無いでしょう。
その点パイオニアは取り付けを考えて作られているので、メーカーページで確認は必要ですが、純正位置にうまくツイーターが付けられる事が多いです。

まとめ

音に関しては各社が特色を出しているので、自分の一番好きな音が出るスピーカーにするべきですが、私がこの3つのスピーカーの中から選ぶならSTE-G170Sの音が一番好きです。

今回聞いた中で音の好きな順に並べるとこうなります。
STE-G170S > KFC-RS173S >> TS-F1730S

FREEDもランサーエポリューション10もスピーカーは全て交換してしまったので、スピーカーが壊れない限り買い替えはしませんが、それでも、次はどのスピーカーがいいかなと考えながら視聴するのは楽しくて良いですね。

関連記事

sponsored link

down

コメントする




sponsored link



sponsored link