たぬきの車と家の毎日

使ってわかった楽天銀行の不便なところ

time 2019/06/22

使ってわかった楽天銀行の不便なところ

メインバンクをみずほ銀行から楽天銀行に切り替えました。楽天経済圏を活用するには必須な銀行ですが、思ったよりも使い勝手が悪い事に気が付き少し後悔しています。

楽天銀行は預金払いが出来ない

paypayやメルペイなどは決済機能にお金を振り込むために、各銀行が提供している預金払いという機能を利用しています。
楽天銀行はネット企業の楽天が運営しているぐらいだから当然、預金払いに対応していると思っていましたが、なんと全く対応していません

嘘だろと思ってネットで調べたところ、同様に困っている人を多数見つけただけでした。
他の銀行は解約して楽天銀行だけにするつもりでしたが、預金払いに対応しているみずほ銀行も引き続き残す事にしました。

楽天銀行アプリの出来が悪い

楽天銀行アプリのいいところは指紋認証に対応しているところです。スマホ側に指紋などの生態認証の機能がついている場合、アプリのログインとして使えます。
ログインの際にいちいちパスワードを打つ必要がないのでとても便利です。

でも、アプリで褒められるのはこれだけです。

1.アプリの反応が悪い
何か操作するたびに読み込み待ちのマークが出て待たされますので、とてもいらいらします。

2.広告が多い
こんな感じでいたるところに楽天のサービスの広告が出ます。銀行アプリなのに画面がガチャガチャしていて落ち着きません。
また、自社サービスへの誘導もいたるところにあって、間違って押すとアプリとは思えないもっさりとした遅い画面を見せられるので気分が悪いです。
楽天銀行アプリの画面

3.画面の内容が見にくい
これは個人差があるかもしれませんが、アプリのUIで使われているボタンがどれも押せる感じがしない平面の絵です。なので、押したのかも分らないし、押せる感じもしないのがとても違和感があります。

他にもいろいろ言いたいことはあるんですが、一つ言えるのは、会社として楽天銀行のアプリには注力していないですね。アプリのUIの改善なんかする気がないです。

まとめ

ITを駆使した先進的な銀行だと勝手に思い込んでいたのですが、全くそんな事はなく残念でした。
アプリの出来が悪いと書いたのですが、WEBの方はもしかしたら見やすいかも、と思い確認してみました。画面の処理速度はアプリよりもWEBは軽快に動いてストレスがないです。
しかし画面が広い分、大量の広告が出てうんざりします。

楽天が好きな人、楽天経済圏を活用している人であれば楽天銀行はよさそうですが、私のようになんとなくメイン口座を移動しようとか思わないほうがいいです。まずはよく調べましょう。

関連記事

sponsored link

down

コメントする




sponsored link



sponsored link