たぬきの車と家の毎日

ミニ四駆をリチウムイオン電池で走らせてみた

time 2020/02/16

ミニ四駆をリチウムイオン電池で走らせてみた

ミニ四駆はタミヤ純正のパワーチャンプやパナソニックのエネループなどのニッケル水素電池で走らせることが多いですが、ニッケル水素電池は電圧が乾電池の公称電圧の1.5Vよりも低い1.2Vなのですぐにパンチがなくなってしまいます。

BLUEDOTから1.5Vの電圧で最後まで使えるリチウムイオン電池が発売されて、今までの電池の様に使用中に電圧低下が起きないため、ミニ四駆を速い状態で長い間走らせることができるのではないかと思い購入してみました。

BLUEDOT BMB-MR3の性能は?

簡素なパッケージに入ったBLUEDOTから発売されたBMB-MR3という、リチウムイオン電池です。
BMB-MR3

BLUEDOT 単3形USB充電式リチウムイオン電池 BMB-MR3 4本セット(1.5V 1600mAh/800回繰り返し充電/microUSB充電/充電表示LED)
BLUEDOT

パッケージとは違い、電池本体は見た感じのつくりも細部まで丁寧に出来ていて、メーカーロゴとの色合いも素敵です。

この電池は通常の充電器では充電することはできず、電池にUSBケーブルをつなぐことで充電を行いますが、なんとも不思議な光景です。USB-Cじゃないのが残念ですね。
USB接続で充電
充電中は電池上部が赤く光り、充電完了すると緑色に変わり満充電になったことを教えてくれます。

容量は1,600mAhで、給電可能電力は1.5Vで標準300mA(最大2A)の出力が可能です。また、1.5時間で満充電にすることができるので充電池としても十分優秀です。

本体重量は19gと書かれていましたが、自宅で測ってみたところ17gでした。前回、ミニ四駆用の電池の重量を測ってみましたが、その中では最軽量になりますね。
電池の重量は17g

リチウムイオン電池の出力特性

https://www.bluedot.co.jp/products/bmb-mr3/ こちらの説明画像から引用

電池の出力特性もこのように使用時間での電圧降下がなく、最後まで1.5Vの出力ができることが強調されています。

ミニ四駆のコースで走らせてきた

早速、行きつけのコースで走らせてみようと思います。
FM-Aシャーシ
シャーシはFM-Aにパワーダッシュモーターの組み合わせです。電池の大きさはエネループなどと違い通常の電池と同じ大きさなので、電池ボックスに入れる際にきついということはありません。


期待を込めてスタート!
見せてくれ1.5Vのパワーを!!
:
:
:
あれ?
:
:
:
おそい。マジ遅い。
10分ぐらい使っているエネループよりもかなり遅いです。

なんだと。。

まとめ

BLUEDOTのリチウムイオン電池BMB-MR3はミニ四駆の使用には全く向きません。
実はリチウムイオン電池を買った後に電池の特性を調べていて、大電流の取り出しはニッケル水素電池のほうが得意という記述を見つけて嫌な予感はしていたんですが、、、、当たりました。

残念ですがBMB-MR3は家庭内のリモコンの電池などとして活用していきます。

関連記事

sponsored link

down

コメントする




sponsored link



sponsored link