たぬきの車と家の毎日

パイオニアのイヤホンSE-CH5BLにコンプライT-600を装着

time 2020/02/24

パイオニアのイヤホンSE-CH5BLにコンプライT-600を装着

パイオニアのバランス接続イヤホンSE-CH5BLのイヤホンチップを無くしてしまったので、コンプライT-600に交換しました。

パイオニアのドライバーは大きい

SE-CH5BLやより高級なSE-CH9TやSE-CH5Tなどは新開発の大型ドライバーを搭載している関係で直径が大きいイヤホンチップでないとはめることができません。
SE-CH5BLのドライバーは大きい


困ってネットで調べたところコンプライT-600が装着可能との記事を見つけたので、さっそく購入してみました。

コンプライT-600

私は知らなかったのですが、日本のイヤホンチップで有名な会社の製品でした。
Comply T-600
コンプライT-600ですが、まず買うまでに少し勇気がいりました。なんとこのイヤーピースは2個で1200円もするのです。1つ600円です。

もっとイヤホンのドライバーが小さければ汎用の小さいシリコン製のイヤーピースが使えるのですが、SE-CH5BLは気に入っているし、ほかのイヤホンを買うとなるとさらに出費が必要になるので仕方ありません。

イヤーチップの材質は低反発ウレタンで出来ていて、手にペタペタとくっつく感じがします。耳にはめる際はウレタンを指でつまんで圧縮し、元の形に戻る前に耳にはめることで耳の中に密着させて使用します。
コンプライの低反発ウレタン製のイヤーチップ

T-600の600は音筒コアの内径で、6mm相当です。イヤホンよりも少し小さいですが、強めに押し込めばはめることができます。
SE-CH5BLにコンプライT-600を装着
何とかはめることはできましたが、元のシリコン製のイヤーピースよりも音が出る部分が小さくなってしまっています。大丈夫かな。。。

SE-CH5BLとコンプライT-600のレビュー

まずは耳にはめてみると、純正のイヤーピースに比べて遮音性が段違いです。ほぼ外界の音は聞こえてきません。それぐらい耳の中に密着しています。
ただ、はめるときはウレタンをつぶす作業が必要なので少し面倒です。

音ですが、純正のイヤーピースよりも音の出る位置が奥になった関係なのか、低音が強くなった感じで聞きにくい感じがします。音の抜けのは純正よりも良くなった気がします。特に女性ボーカルの音がきれいに聞こえます。

遮音性は大幅に向上しましたが、値段分の音質向上や利便性の向上があるのかといえば正直微妙です。むしろ付けにくくなったし。
純正のイヤーピースはよくできていたんだなと思います。自分がなくしたのが悪いですね。

関連記事

sponsored link

down

コメントする




sponsored link



sponsored link