たぬきの車と家の毎日

海外旅行で使う変圧器を買った

time 2017/08/09

海外旅行で使う変圧器を買った

海外に行く際には日本と変わらず携帯電話と海外用のポケットWifiを持っていきます。
そうすると困るのが海外での充電ですが、最近の携帯電話の充電用アダプターは海外の電圧に対応しているものがほとんどです。

例えばこちらは家で使っているスマートフォンの充電器のアダプターですが
低格入力/INPUT AC100V-240V となっているのでそのまま海外で使えますが、プラグの形状が合わないので変換プラグを買う必要があります。
国際対応しているアダプタ

今回はポケットWifi用にモバイルバッテリーも持ったのでその充電用に変圧器も買いました。Amazonで1150円ほどと驚くような安さで今は買えるんですね。

Daffodil WAP150 海外旅行用変換プラグのレビュー

Amazonから届いた箱を開けるといかにも海外製という感じの変わった手触りがする箱に入っています。
Daffodil WAP150 海外旅行用変換プラグ

箱を開けると、布袋に入った変圧器と説明書、あと、なぞのバナナがHappy?と聞いてくる紙が入っています。
Daffodil WAP150 海外旅行用変換プラグの中身

布袋には変圧器が入っています。値段は1000円ちょっとなので作りはそんなによくありませんが、値段相応です。
変圧器本体、値段相応

プラグ側はこんな形になっています。格好は悪いです。
外国用のプラグ
そしてプラグの部分は横のボタンを押すと外れるようになっていて外すと日本のプラグが出てきます。
プラグ部分が分離
他にもこのように組み立てることで各国のプラグパターンに対応します。写真だとうまく写っていないですがUSBのポートも付いているのでここからUSBの電源もとることが出来ます。

変換プラグの組み立て方

実際に海外で使ってみた

使うにはプラグの形状を合わせてコンセントに差し込むだけなので何も難しいことはありません。
差し込むと赤いランプが付きますが、なんとなく安っぽい感じがします。
ためしにUSBのケーブルを接続して携帯電話を充電してみましたが問題なく充電できました。安いけどちゃんと使えます。

コレがあれば海外用のドライヤーを買う必要はないのではと思ってしまいますがこちらは最大6Aまでしか出せません。
ドライヤーのように12Aぐらいの出力が必要な製品で使うのは危険ですので使うのはやめましょう。

関連記事

sponsored link

down

コメントする




sponsored link



sponsored link