たぬきの車と家の毎日

サーキットの準備~ブレーキフルード交換

time 2016/02/14

サーキットの準備~ブレーキフルード交換

サーキットを走るなら必ず換えることとアドバイスをもらったのでブレーキフルードをサーキット対応の沸点が高いものと交換しました。

以下の製品はドライ沸点が300℃を超えていてかつウェット沸点も260℃をこえており他のメーカーよりもスペック上は一つ抜けています。そしてサーキットだけではなくストリートでの利用でも問題ないロングライフになっている製品です。

BILLION SUPER BRAKE FLUID

ドライ沸点330℃、1%ウェット沸点284℃という高性能なのに通常のDOT4規格のフルードと同様のロングライフを実現したフルードです。お値段は少し高め。
定価4500円

BILLION ブレーキフルードBB4

ドライ沸点310℃、1%ウェット沸点260℃と同メーカーのSUPER BRAKE FLUIDよりも少し性能が落ちますがその分値段が安く抑えられています。ロングライフな点も同じです。
定価2800円

WedsSport REVFLUID

ドライ沸点332℃、1%ウェット沸点284℃という高性能なのに通常のDOT4規格のフルードと同様のロングライフを実現したフルードです。
とここまで書いて、中身はBILLION SUPER BRAKE FLUIDと同じではないかと思うぐらい性能が似ています。
定価3500円

WedsSport REVFLUIDを買った

性能的にBILLION SUPER BRAKE FLUIDと変わらないのに安いのでこちらにしました。BB4でもよかったんですが数百円ケチるよりも少し安全側に倒してみました。
WedsSport REVFLUID 表
WedsSport REVFLUID 裏
ランサーエボリューション10のブレンボキャリパーのフルード交換だと1本1Lでは足りずにもう一本必要でした。2本目はほとんど使わず、残った分はもらってきました。500mlぐらいの物があればいいんですが次回の交換も高くつくと思うと憂鬱です。
残りのブレーキフルードの保管について調べると開けてしまったブレーキフルードは吸湿してしまうので一年ぐらいならまだ使えるかもしれないですが、命にかかわる部分なのでケチらずに捨ててしまったほうがいいそうです。もったいない。。

WedsSport REVFLUIDのインプレッション

すみません、変化が全く分かりませんでした。
もともと入っていたフルードもほとんど劣化していないからなのか私が鈍感だからなのかは不明です。
変化はなかったですが市販している中でもかなり高性能なブレーキフルードを入れたので安心してサーキットに行けます。

今回買ったもの

工賃は2000円、フルードは一本2800円X2

関連記事

sponsored link

down

コメントする




sponsored link



sponsored link