たぬきの車と家の毎日

Echo Autoは音声の認識精度が悪くて動作が特殊なので注意

time 2021/04/18

Echo Autoは音声の認識精度が悪くて動作が特殊なので注意

ネットには自分では絶対使っていなさそうなEcho Autoのレビューが多く、なんとなく便利な車用のAlexaとして認識してしまいがちですが、Echo Autoの実態は今までのEchoシリーズとは全く違う製品なので注意点をまとめました。

Echo Autoとはただのマイクである

簡単に言うと、スマホアプリのAlexaをスマホのスクリーンがオフ状態やアプリがバックグラウンドの時でも使えるようにするためのマイクです。

Echo Autoは他のEchoシリーズの様なWifi機能は無く、スマホにBluetoothで接続されるマイクでしかありません。

使ってみるとわかりますがスマホアプリのAlexaは、アプリを起動して画面がアクティブな状態じゃないと反応しません。そこにEcho Autoを接続することでアプリがバックグラウンドでも常に音声を認識することが出来るようになります。

つまりEcho Autoを接続することで、スマホアプリのAlexaで据え置きのEchoの様な使い方が出来るようになります。

仕様を踏まえたうえでAlexa、マイク、Wifiの分担を整理して図にするとこの様になります。上の図が車内でEcho Autoを使う場合の各機能の役割分担で下が通常のEchoになります。
Echo AutoとEchoの違い
ここを勘違いすると悲惨なことになります。

Echo Autoのマイク性能は悪い

最初に書いたようにEcho Autoはただのマイクなので、車が無くてもスマホがあれば設定ができます。

まずは室内でセッティングして利用してみました。利用する部屋の広さは6畳なのでEcho Autoから離れても2m程度になります。
Echo Autoはただのマイクなので部屋でも使える
丸3日ほど使ってみましたが、うーん、認識率は悪いです。5回に1回は反応しません。室内でこの程度なので車内での利用は不安が募ります。。。

次に本題の車に取り付けました。
取り付け位置に悩みましたが音声が聞き取りやすくなる様にマイクをこちらに向けて付けました。ただし、これだとEcho Autoが反応する際の青いLEDが見えません。
Echo Autoを車内に取り付け
車内は走行中の騒音やカーオーディオから流れる音楽などで、室内とは比べ物にならないぐらい音声認識の難易度が上がりますが、大丈夫でしょうか?
早速ドライブしながら、Alexaに話しかけてみました。

結果は、、、、
かなり大きい声で発話して3回に1回は認識しません。え?インテル製の8個のマイクアレイは飾りですか?

車内での音声認識は想像通り認識されないことが多いので、ストレスが溜まります。これは何なんだ。。

車の中から家の家電を操作するの?

さてAlexaですが車に乗せて何に使いましょう?家であればTVや照明をつけるのに使いますが、では車の中では?
ここ、よく考えた方がいいですが、まず操作するものはありません。家の電気を点けますか、それともエアコンを点ける?私は購入以後、車内で一度もそのような操作したことがありません。

じゃあ何をするかというと、ニュースを聞いたり、Amazon Musicで音楽を聴いたりするためのインターフェースとして使うのがほとんどのはずです。

ということで、次からはAmazon MusicをEcho Auto経由で聞く上での注意点になります。

Amazon Musicアプリとは別のAmazon Music機能

Alexaアプリ経由でAmazon Musicを再生すると、スマホにインストールされているAmazon Musicアプリは使用されません。

AlexaアプリがAmazon Musicに登録されている音楽を呼び出しているので、Amazon Musicアプリの設定は反映されません。
そのためアプリで設定したイコライザやノーマライザなどは無視されます。。

Amazon Musicはストリーミングしか再生できない

Alexaアプリ経由でAmazon Musicを再生すると、スマホのAmazon Musicアプリは使用されないことは先に記載しました。

アプリのAmazon Musicには楽曲をスマホにダウンロードして、通信無しでお気に入りの楽曲を再生することが出来ますが、Echo Auto経由だとストリーミング以外の再生は出来ません。
つまり常に通信が発生しますので注意が必要です。

まとめ

Echo Autoとは何なのかを理解したうえで購入するのが良いです。大多数の人にとっては不要なデバイスだと思います。

関連記事

sponsored link

down

コメントする




sponsored link



sponsored link