たぬきの車と家の毎日

ボンスターとLECのレンジふきんを比較してみた

time 2022/09/03

ボンスターとLECのレンジふきんを比較してみた

最近料理を担当することが増えて、炒め物をした後のレンジ周りの掃除がめんどくさいので何とかしたいと思い、レンジふきんを購入しました。

ボンスターとLECのレンジふきんの比較

レンジの掃除方法ですが、今までは汚れたペーパータオルを少し濡らして油汚れをふき取っていました。でも、あまり奇麗にはなりません。。
ということで、お掃除労力を減らしてQOLの向上を図ります。

ざっとネットで情報収集したところ、ボンスターのレンジふきんと、レック 激落ちくん 油汚れに強いクロスがよさそうだったので、とりあえず2つ購入して比較してみました。
ボンスターのレンジふきんとレック 激落ちくん 油汚れに強いクロスを購入
どちらも基本はレーヨンで出来ています。白いボンスターの方が生地が固めで芯が通っている感じです。
ボンスターのレンジふきんとレック 激落ちくん 油汚れに強いクロス、どちらもレーヨン製
レンジふきんは水に濡らして絞ってから汚れをふき取ります。
ボンスターのふきんは生地が固めなので、あまり水を含む感じにならず絞りにくいしちょっと使いにくいです。それに対して、LECのふきんは柔らかくて水をしっかり含んで使いやすいです。

レック 激落ちくん 油汚れに強いクロスの方が使いやすい
ネットのレビューで毛が抜けるといった書き込みがあったのですが、どちらもレーヨンの毛が抜けたりはしませんね。問題ないです。



ボンスターのレンジふきんですが、最大の問題は色です。白いので汚れが目立ちます。
この日はカレーだったのですが、拭いたら色が残ってしました。もちろんどんなふきんでも色は残りますが、白だと目立って汚く見えるのが問題です。
色が白いと汚れが目立つ

レンジ周りのお掃除効率ですが、ふきんでガシガシ拭けば終わりなので時短にもなるし奇麗になります。

使った後は水で洗って絞って干しておきます。
どちらのふきんもレーヨンなので絞る時の手との摩擦感が強いです。眼鏡拭きとかと同じです。
あと、乾くとみすぼらしくなります。購入したての様なフサフサの状態には戻りません。なんでだろう。
どちらも購入時の様なフサフサの状態には戻らない

まとめ

レンジ周りの掃除も道具一つでここまで変わるかというぐらい、楽に掃除できるようになりました。まぁ元の掃除の仕方があれというのはありますが。。
ボンスターとLECのレンジふきんであれば、断然LECのレンジふきんが使い勝手が良いです。

高い物では無いので1つ持っているとお掃除が楽に出来ますので、おすすめです。

関連記事

sponsored link

down

コメントする




sponsored link



sponsored link