たぬきの車と家の毎日

風呂掃除用に「バスボンくん」はとりあえず買っとけ

time 2022/07/24

風呂掃除用に「バスボンくん」はとりあえず買っとけ

風呂掃除の重労働を何とかしたい

今まではスポンジでお風呂の掃除をしていましたが、風呂の床をスポンジで洗うのは力もいるし、浴槽を洗うには体勢が厳しく重労働で長年の汚れなのか、くすんだ感じの部分はあまり奇麗にならないのも気になっていました。

ということで何か良いお風呂掃除グッズが無いか探した結果たどり着いたのが、山崎産業が販売しているバスボンくんです。
山崎産業のバスボンくん
簡単に言うと、柄付ブラシです。
値段は安いのですがアルミっぽい柄の部分と伸縮機構の造りが良く出来ていています。がたつきが無いので力を入れたり、動かす際のストレスがありません。すごくいい!
バスボンくんのブラシ部分
ブラシ部分が網目状のプラスティック繊維でフサフサな感じで出来ています。

バスボンくんでお風呂を掃除する際は、
・シャワーで掃除する部分を濡らします。
バスボンくんの公式動画ではシャワーを掛けながら同時に掃除していますが、先にシャワーで濡らして汚れを柔らかくして置いた方が洗いやすかったです。
・バスボンくんをシャワーで濡らす
バスボンくんも濡らしておいた方が私は適度な重みがあって使いやすかったです。
・バスボンくんでこする

これだけです。洗剤は使わなくても掃除が出来ます。
洗剤が無くても奇麗になるのがバスボンくんの特徴ですが、「掃除している感」が無いのでたまにお風呂用の洗剤を使って泡立てています。

バスボンくんの良いところ

柄付ブラシなので、お風呂用のいすに座りながら掃除出来るのでらくちんです。浴槽も柄の部分を伸ばしてこすればいいので、体勢的な無理もなく出来ます。
同じ部分をこする際も力を入れる必要が無く、前後にブラシを動かせばバスボンくん自体の重さで奇麗になるのですごく楽になります。

ブラシ部分が大きくモサモサしているため、雑に水栓や壁面との取り合い部分に当てても掃除できてしまうのは便利です。


お風呂掃除全般の労力ですが、スポンジの労力を10とすると5ぐらい、大体半分ほどの労力で掃除が出来ます。

使用後はシャワーでブラシ部分を流してから、強めに数回振って水を切るだけなので片付けも簡単です。

バスボンくんのいまいちなところ

特にないのですが過度の期待は禁物です。

当初期待していた「くすんだような長年の汚れ」は全く奇麗になりませんでした。こびりついた汚れは科学的な洗剤が無いと無理な感じです。冷静に考えれば当然ですね。
バスボンくんはあくまで定期的に掃除を行い、頑固になる前の汚れを少ない労力で落とせるものと考えてください。

ネットの評価だと、「とてもきれいになりました!」的なオーバーな表現がありますが、洗浄力が強いというよりかは掃除が楽にできる道具と考えた方が良いです。
掃除が楽に出来て雑に掃除をしてもいい感じに奇麗にできるだけです。(十分便利ですけどね。。)スポンジで力を入れてこすった方が絶対に奇麗になります。

ちなみに水を含むと重くなるという感想もありましたが、苦情を言うほど重くは無いので全然問題ないです。

まとめ

私の様にスポンジでお風呂掃除をしている人がバスボンくんに買い替えると、圧倒的に風呂掃除の労力が減ります。
QOL爆上がりなので買ってよかったです。

関連記事

sponsored link

down

コメントする




sponsored link



sponsored link