富士スピードウェイのCIRCUIT CHALLENGEに参加したが残念だった件

ランエボ10
スポンサーリンク

富士スピードウェイのCIRCUIT CHALLENGEに参加してきました。

CIRCUIT CHALLENGEとは

4700円の参加料で富士スピードウェイのレーシングコースをトヨタのGRシリーズで走れるという夢のような企画です。コースを3週するので15分ぐらいの体験になります。
CIRCUIT CHALLENGEの紹介ページはこちら

世界中のモータースポーツに参戦する「TOYOTA GAZOO Racing」が極限で培った技術と情熱を惜しみなく注ぐスポーツカーブランド、GR。
モータースポーツから得られた知見と経験は、これまでも多くの市販車開発に活かされてきた。
その中でも、より強くモータースポーツのDNAを受け継ぐクルマがある。
それが昨年12月に発売されたGR COROLLAをはじめとする「GRシリーズ」。
ぜひ、富士スピードウェイでGRシリーズの走り心地を、快感を、味わってみてください。

試乗できる車のラインナップはどれも、280馬力を超えるハイパワーマシンです。
・GR YARIS RZ High Performance (6M/T)
・GR YARIS RS (Direct Shift-CVT)
・GR COROLLA RZ MORIZO Edition (6M/T)
・GR SUPRA SZ (8AT)
この説明文にカーラインナップ、これで期待しない訳がありません。
試乗可能なGRシリーズ
私が選んだのはYARISのCVTモデルです。まぁ、これしか空きが無かったんですけどね。普段DCTに乗っているので今更MTに乗れないし、ちょうどいい選択だと思います。
GR YARIS RS (Direct Shift-CVT)
参加する前はとても楽しみにしていました。

CIRCUIT CHALLENGEの実際

当日の走行枠は1名不参加のため、ペースカーとYARIS 2台とCOROLLA 1台、4台でコースを独占しての走行でした。先頭からペースカー、COROLLA、自分のYARIS、YARISという順番でコースインです。

1週目はゆっくり目で様子見をしながら回ります。
ホームストレートでは少し踏めましたが、110Kmほどです。

2週目、ここがメインです。
が、しかしペースは相変わらずゆっくり、、、どのカーブも直線も70km~90kmで走ってます。
でもでも、最後のストレートは踏ませてくれるに違いない!と期待していましたが、MAXで120km。。。これなら東北自動車道の120km区間の方がスピード出してます。みたいな状態になりました。。

3週目、クーリングラップでペースは相変わらずゆっくり、、、どのカーブも直線も70km~90kmほどで、最後はホームストレートの通貨は無くコース横の出口から出ておしまいです。

なんだろう。この満足感0な体験走行は。。。

不満なこと

最大の不満はGRシリーズの性能が全く分からない点です。
車はGRだし素材は良いのに全然良さが分かりません。だって速度が遅いんだもの、サーキットで乗っている意味がほぼないです。

確かに高速コーナーは危ないにしても、もう少し全体的にハイスピードにするとか、せめてストレートではもっとスピードを出してもいいかと思いました。

まとめ

私がCIRCUIT CHALLENGEの実施内容を確認していなかったのが一番の問題だとは思っています。
そのため元々このぐらいの走り方をするイベントなのかもしれません。ただ、名前がCIRCUIT CHALLENGEですよ、どの辺がチャレンジなのかと苦情は言いたくなります。

ちなみに、自分のランサーで体験走行に参加した時はストレートでこれぐらい出してました。なので期待してしまったところはあります。(前のSAKURAが意外とスピードが出てびっくり)
体験走行でのストレートスピード

私にはとても不満な内容でしたが、これから参加を考えている人の参考になれば幸いです。

GR YARIS RS (Direct Shift-CVT)について

2ドアのYARISがあることを知らなかったのですが、中はとても狭いです。定員は4人ですが実用は2人乗りだと思います。
着座位置が高くて戸惑いました。スポーツカーの感じはありません。シートリフターのせいかと思いましたが、もともと高いようです。

CVTなので運転は楽ですが、アクセルを踏んでから回転数に対するダイレクト感が薄く、シートに押し付けられるような加速の気持ちの良さはありません。
エンジンのパワーもあるはずですがCVTのせいで全くパワーがある感じがしません。

乗り心地はとてもいいです。TOYOTA特有のふわっとした乗り心地です。

タイヤはすごくいいです。
ランサーのKR20Aとは全然比較にならないほどグリップがいいし、サイドウォールの固さが違います。さすが国内メーカーの高級スポーツタイヤです。

おすすめ記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました